第3回 「豊洲の人物探訪」~豊洲憩いの銭湯「白山湯」白田 敏博氏~

白山湯3

 

第3回 「豊洲の人物探訪」~豊洲憩いの銭湯「白山湯」白田 敏博氏~

 

豊洲マガジン編集部です。

 

豊洲を愛する方々と、一緒に豊洲地域を盛り上げていこうと始まった「豊洲の人物探訪」も第3回目を迎えました。毎回素敵な方との出会いに、改めて豊洲の魅力を感じています。
第1回目第2回目をご覧いただいていない方は、ぜひご覧ください!

 

今回は、50年以上豊洲の憩いの場として多くの方に利用されている銭湯「白山湯」の経営者、白田敏博さんをご紹介致します!

 

【名前を教えてください】

白田敏博です。

 

【どんなお仕事をされてますか??】

「白山湯」という公衆浴場を運営しています。 昭和30年くらいから始めて、 今までに2回流し場を改修工事し、平成18年に玄関をちょっと個性的な今の形に変えました。 コインランドリーも昭和50年に新規で設置したりと、改修や補修などを重ねながら現在に至っています。

 

【このお店を始めることになったきっかけは何ですか?】

代々引き継がれてきて、今は自分が引き継いでやっています。

 

【どんな子どもでしたか?】

ガキ大将!っていう感じの子どもでした。

 

【仕事をしていてどんなところに喜びを感じますか?】

江東区では「ふれあい入浴」という、区内在住の70歳以上の方が入浴証を提示することで毎回200円で公衆浴場に入れる制度があります。 高齢者が自宅のお風呂でひっくり返って危険なことにあわないようにと考えられた制度で、白山湯が、お風呂仲間同士で見守りあったり、憩いの場になったりしていることが嬉しいですね。自宅から浴場までの往復が、高齢者の散歩や運動に繋がっているのも嬉しく思います。
区長から直々に「あの人最近見ないわね」となったらすぐ連絡ほしいとのことで、白山湯は 「高齢者見守り隊」としての役目も果たしています。

 

【豊洲・枝川の好きなところ・期待するところがあれば教えてください】

金融機関も少ないけど、お風呂屋さんもないのが残念です。

 

【豊洲・枝川に足りないと思うところはありますか?】

有事の時の避難場所がもっとあったらいいと思います。

 

【日頃から大事にしている言葉、座右の銘を教えてください】

持ち場を守れ

 

【豊洲マガジンの読者の方へメッセージをお願いします】

白山湯では、身体にとてもいいと言われている高濃度人工炭酸泉を取り入れています。 SuicaやPASMOなどいろいろな電子マネーで支払いができたり、最近ではWi-Fiも使えるようになったりと、とても便利になりました!
毎週日曜には、浴槽に小さいアヒルをいれて子どもたちが楽しく入れるようにしています。

銭湯離れをしてしまっている子育て世代の方々に、ぜひお子様を連れて来ていただいて、子どもに銭湯の文化などを体験させてあげてほしいと思います。
白山湯2

 

世代をこえて豊洲の人々を見守ってきた「白山湯」。白田さんが提供する豊洲のふれあいの場所へ、ぜひ家族揃ってお出かけください。
忘れてはいけない心の交流が、ここにはありますよ。

 

◆白山湯
住所:江東区枝川1-6-15
電話:03-3645-0862
営業時間:15:00~24:00
定休日:土曜日
料金:大人460円、 小学生180円、 乳幼児80円(※大人一人につき未就学児は 2人まで無料)
都内共通入浴券10枚綴り4,200円
シャンプー、ボディソープ有

………………………………………………………………

スポンサーリンク



関連記事

Toyosu Magazine

豊洲マガジンは豊洲をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!
豊洲マガジンとは?
ハウジングメッセ
東京ガス用地開発株式会社 
がすてなーに
ページ上部へ戻る