夏の思い出写真も整理整頓をしましょう【豊洲マガジン】

JH069_72A
 
思い出づくりの前に、溜まってしまいがちな画像の行き場を決めましょう! 
 
旅の写真はノートパソコンに保存して、帰省時に家族で見ます!整理収納アドバイザー栗原晶子です。
 
そろそろ夏のレジャーの計画を立て始める方も多いのではないでしょうか。家族旅行や体験学習、夏祭りなど、思い出深い行事があるごとに増えていくのが、写真(画像)です。
「時間が出来たらまとめて整理する」と、もう何年分もの写真(画像)が溜まってしまっているお宅も多いようです。夏の計画を立てながら、思い出を整理収納する準備も進めてみませんか?
 
■保存する場所を決める
デジカメはもちろん、スマートフォン、タブレット、ノートパソコンなど、カメラ機能がついた機器は私たちのまわりにたくさんあります。また、それらで撮影した画像の保存場所もハードディスク内、オンラインストレージ、フォトフレーム、SNSなど数え上げたらキリがありません。画像の整理収納は、まず保存する場所を決めることから始めましょう。操作がしやすいか、誰と見るか(共有するか)などを考慮して決定してください。
 
■フォルダを作る
後でまとめて一気にやろうとしても具体的に作業できる日は見えてきません。そこで、まず先に画像を振り分けるためのフォルダを作りましょう。モノを片付ける時、しまうものが決まっていないのに先に収納用品を購入するのは御法度ですが、ここでは何を収めるか=画像と決まっていますから、サクサクと分けられるように、フォルダ(容器)を用意しておくのです。これまで撮影した画像を見て、どのような分け方が合っているか、検討してみましょう。
 
ポイント!
フォルダ分けは、個人やご家庭によってさまざまなパターンが考えられます。
・場所別…よく出かけるアミューズメントパークや旅行先など
・月別……コンスタントに家族写真を撮る場合や保育園・幼稚園など、定期的に撮影の機会がある場合など
・行事別…毎年行う行事や成長記録を振り返る記録として撮影する場合など
 
■フォルダに分ける
作ったフォルダに今ある画像を分けていきましょう。「これなんだっけ?」と、撮った本人ですら忘れている画像や、何枚も同じ構図の画像がある場合は、ベストショットを残してその他は削除するとよいでしょう。
 
■撮ったときにベストを残す
記念撮影をする時は、「念のため」で数枚撮ったり、失敗して撮り直すこともよくあります。画像を振り分け、すっきりと保存するために、撮ったその場で確認して削除したり、ベストを残すよう心がけることも必要です。もちろん、失敗ショットだけを集めたフォルダを作って保存するというのも面白いですが……。
また、自分のカメラで撮って、本人は写っていない画像などは、メールやプリントアウトして差し上げるなどして、データは削除していくといいでしょう。
 
思い出の画像を消すのは、少し心が痛む作業かもしれません。しかし、大切な思い出だからこそ、いつでも見返すことができるよう、厳選して整理しておきたいですよね。
楽しい夏が始まる前に、フォルダ準備してみてください。
………………………………………………………………

1898286_595878340506923_2058140420_n
栗原晶子

整理収納アドバイザー
フリーの編集&ライターとしてインテリア誌やハウジング誌を中心に取材・執筆活動する傍ら、NPO法人ハウスキーピング協会認定の整理収納アドバイザーとして、コラムの連載やセミナーの企画に携わる。暮らしがラクになる、整理収納アイデアを研究・発信中。

………………………………………………………………

スポンサーリンク



関連記事

Toyosu Magazine

豊洲マガジンは豊洲をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!
豊洲マガジンとは?
ハウジングメッセ
東京ガス用地開発株式会社 
がすてなーに
ページ上部へ戻る