地域の子どもたちの安全を見守ります!今週の素敵な豊洲人【豊洲マガジン】

豊洲で見かけた素敵な人、江東区青少年対策豊洲地区委員会育成部長の西垣誠さんです。

地域の方々の笑顔のために頑張る姿が素敵です!

 

豊洲マガジン編集部の加藤です。

毎週月曜日の新企画!“今週の素敵な豊洲人”

 

ということで、毎週月曜日は“豊洲で見かけた素敵な人”を紹介して行きます!

記念すべき初回にご登場いただくのは・・・

 

江東区青少年対策豊洲地区委員会育成部長の西垣誠さんです。

P1010581

 

西垣 誠(にしがき まこと)さん

江東区立豊洲北小学校PTA会長

江東区立深川第五中学校PTA副会長

青少年対策豊洲地区委員会育成部長

 

名刺をいただいて驚いたのが、PTAを小学校、中学校ともに兼任されているということです。

豊洲小学校は生徒数819人、豊洲北小学校は1150人、深川第五中学校は318人、と豊洲地区には小中学生が2000人以上もいるんです。

PTAはどれか一つだけでも大変だと思いますが、会長は6年目だとか!

地域の皆さんからの信頼も厚く、豊洲のことなら何でもご存知なのではないかと思います。

 

-青少年対策豊洲地区委員会というのは、どんな活動をされているんですか?

『地域の子どもたちが安心して生活できるよう、例えば年間を通してパトロールをしたり、今回は花火大会をやろう!という企画をして、実際に地権者の本社までお願いをしに行きました。子どもたちのためになることをしています。』

先日8月24日(土)の親子花火大会を実行するために、主となって動いてくださったのが西垣さんなのです。

 

P1010593

▲機敏な動きで会場設営の指示を出します。

 

P1010610

▲消防署の方とも綿密な打合せをしています。

 

-豊洲に住んだきっかけは?

西垣さん『元々は江戸川区に住んでいてマンションを探していました。東陽町で気に入ったマンションがあったので、一度はそこに決めたんですが、たまたま豊洲を見に来たらこっちの方が良かったので、キャンセルして豊洲に決めちゃいました。』

 

-今後の“願い”はありますか?

西垣さん『地域の子どもたちが、大人になっても豊洲の街に住みたいと思ってもらえるような活動をしていきたいですね。』

 

-9月は芝浦工大で、水彩祭りを実施するのですよね。それも、子どもたちとの交流のためなんですね。

西垣さん『高齢者が増えてきたのもあり、年齢を超えて地域の子たちともつなげられるようにしていきたいんです。芝浦工大ができてから、地域の人たちが集う場所ができました。敷居のない大学ですね。』

『それから今後、市場や新しい商業施設が豊洲にできる予定なので、新しく入ってくる人たちとのつながりも大切に築いていきたいと思っています。』

 

ありがとうございました。

豊洲のコミュニティを中心となって支えている西垣さん。

地域の方々の笑顔のためにいつもがんばっている姿がとても素敵です。

 

来週月曜日も素敵な豊洲人をご紹介します。

今後の記事作りの参考にさせていただきますので、ご意見・ご感想をご自由にコメントしてください。いいね!もよろしくお願いします!

関連記事

Toyosu Magazine

豊洲マガジンは豊洲をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!
豊洲マガジンとは?
ハウジングメッセ
東京ガス用地開発株式会社 
がすてなーに
ページ上部へ戻る