小さなお子様連れでも安心! 豊洲にある「赤ちゃんの駅」【豊洲マガジン】

豊洲・赤ちゃんの駅
 

江東区・豊洲に「赤ちゃんの駅」があります。

 

皆さんは、「赤ちゃんの駅」をご存知でしょうか?
「赤ちゃんの駅」とは、授乳やおむつ替えの際に場所を提供してくれる施設のことです。
 
今日は江東区豊洲エリアの赤ちゃんの駅をご紹介。
 
東京メトロ豊洲駅7番出口から地上に出て真っ直ぐ進み、しばらく歩くと右側に豊洲センター/豊洲図書館があります。
 
豊洲図書館

 

こちらが「赤ちゃんの駅」に指定されており、いつでも立ち寄れるようになっているんです。
「赤ちゃんの駅」になっている施設には、このシンボルマークが掲げられているのですぐ分かりますね。↓↓
 
豊洲・赤ちゃんの駅
 
原則、お湯の提供はなく、オムツも持ち帰っていただくことになりますが、「赤ちゃんの駅」があるというだけで安心です。なおご利用の際は施設の利用方法をきちんと守ってくださいね。
 
「赤ちゃんの駅」からしばらく歩くと、遊具が充実した豊洲公園が。
 
豊洲公園遊具

 

さらに芝生の向こうには、ららぽーと豊洲が見えます。
 
ららぽーと前の公園

 

公園から、ゆりかもめを見ることもできます☆電車好きなお子様が喜びますね。
 
豊洲公園から見たゆりかもめ
これだけ見ても、豊洲が子ども連れにやさしいエリアだということがわかります。
 
赤ちゃんは頻繁にオムツ替えと授乳が必要なので外出に躊躇しがちですが、気軽に立ち寄れる「赤ちゃんの駅」が近くにあると安心して遊べますよ。
皆さんの周りに小さなお子様をお持ちのママ、パパがいらしたらぜひベビーフレンドリーな豊洲の情報を伝えてあげてくださいね。

 

ライター:長友みづえ
………………………………………………………………

スポンサーリンク



関連記事

Toyosu Magazine

豊洲マガジンは豊洲をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!
豊洲マガジンとは?
ハウジングメッセ
東京ガス用地開発株式会社 
がすてなーに
ページ上部へ戻る