100%の自分で生きられるようになるには?【豊洲マガジン】

JG081_72A
アンソニー・ロビンズからのメッセージ
 
こんにちは。
豊洲在住、一般社団法人ビジネス速読協会の内田ひろみです。
今度の週末は、世界NO.1コーチのアンソニー・ロビンズが初めて来日します。以前もアンソニーの本を紹介しましたが、この初来日に合わせて、特別編集版が出版されましたので、今回は新刊をご紹介します。
 
アンソニー
▲クリックでAmazon詳細へ
本:アンソニー・ロビンズの運命を動かす
著:アンソニー・ロビンズ 氏
訳:本田 健 氏
リンク: http://amzn.to/1jntmlo
 
「苦痛」と「快感」を天秤にかける
 
人は、感情で動くとよく言われています。その代表的な感情が「苦痛」と「快感」の2つです。この「苦痛」から逃れたいと思って行動し、この「快感」を得たいと思って行動するのです。
 
健康のためにダイエットをしなければならない! と思っているのに、短期的な快楽のために、夜な夜な、ポテトチップスやハーゲンダッツのアイスクリームをついつい食べてしまうわけです。この時、私たちの脳は無意識に美味しいポテトチップスやアイスクリームを食べない苦痛と食べたあとの喜びである快感を天秤にかけて行動を決定します。
 
「脳は感情の強さによって動く」
 
夜のポテチとアイスの例を挙げるまでもなく、本当にあなたが心から「ダイエットしたい!」
と思っていたら、あなたは、夜中に必要以上に食べるという行動を慎むでしょう。でも、「まあ、いいか……」と自分の決意を軽んじていたら、ダイエットは、永遠にできないでしょう。
いつも100%の自分でいるためには、脳の働きを知っておく必要があるのです。
いかに、ダイエットに成功した望ましい自分に自分自身がコミットできるのかがポイントになります。
 
自分をその気にさせる「3つの信念」
 
アンソニーは、素早い変化を望むなら、以下の3つの信念を身につける事と伝えています。
 
1:「絶対に変わらなければならない」
2:「自分の力で変えなければならない」
3:「自分は変わることができる」
 
1つ目の、「絶対に変わらなければならない」というのは、例えば「先送りはよくない」「やせるべきだ」という表現はよく聞きますが、「すべき」を繰り返すのではなく、「しなければならない」状況に自分を追い込んで、行動をおこさせることです。
 
2つ目の、「自分の力で変えなければならない」というのは、変化を起こすのは「自分」であると自覚することです。誰かが自分をかえてくれるのを待っていたのでは、失敗したら他人のせいにしてしまいます。そうではなくて、自分で責任をもって変化を起こさなければ長続きしないと言っています。
 
3つ目の、「自分は変わることができる」というのは、「変わるとことができる」と信じなければ、成功のチャンスはゼロに等しいと伝えています。
 
この3つの信念がなければ、変化は決して長続きしないでしょう。自分の人生に変化を起こせるのは、「自分」しかいないのですからね!
 
100%の自分でいられたら、ストレスもなく自分のパフォーマンスを最大限に生かして、毎日生活することできます。そして、一番エネルギー効率の良い生き方です。まずは、今いる場所で、100%の自分で生きることを心がけたいですね。
 
今週もお読みいただきありがとうございました。
アンソニーもこの著書の中で、言葉の感性が鋭くなると、人生が面白くなると言っています。言葉の感性を磨くには、読書が近道です。一緒に読書をして人生を面白くしましょう。
 
追伸1:次回の読書会は、4月15日(火)19:00から人形町で行います。気楽に本を一緒に楽しみませんか?
https://www.facebook.com/events/1421516494770855/?ref_dashboard_filter=upcoming
 
追伸2:はじめてmacを購入しました。便利だな〜と思うところと、ちょっぴり、慣れないな〜と思う毎日です。早く、使いこなしたいです。
 
追伸3:私がNLP(神経言語プログラミング)を学び、NLPを人にお伝えするようになってから、何度、アンソニー・ロビンズの事を口にしたかわかりません(笑)。本を読み返して、
今からワクワクしています。

 

200652_111392748942917_7930096_n

内田ひろみ

NLPトレーナー・研修講師

一般社団法人ビジネス速読協会代表理事

人の成長を組織の成長へと直結させるべく、NLPやLABプロファイルと言った 心理学/コミュニケーション手法を取り入れたセミナー・研修を実施。全ての人は、自分自身の中に必要なリソース(資質)を持っています。しかしながら、多くの人はそのリソースに気がつきません。ご自身の能力を高める方法(スキル、テクニック)をお伝えし、自分らしい生き方をする方をサポートしています。最近ではビジネス速読を広め、一人でも多くの方が 読書を通じて豊かな人生を送る1歩を後押ししています。

ブログへのコメント&いいね!もお待ちしております。

関連記事

Toyosu Magazine

豊洲マガジンは豊洲をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!
豊洲マガジンとは?
ハウジングメッセ
東京ガス用地開発株式会社 
がすてなーに
ページ上部へ戻る