今汝(なんじ)画(かぎ)れり。【豊洲マガジン】

JG057_72A
 

論語に学ぶ

 
こんにちは。
豊洲在住、一般社団法人ビジネス速読協会の内田ひろみです。
 

論語
▲クリックでAmazon詳細へ
本:図解論語 ~正直者がバカをみない生き方
監修:齋藤 孝 氏
リンク:http://amzn.to/MZxwDI
 

今、おまえは自分で自分の限界をあらかじめ設置して、やらない言い訳をしているのだ。
~今汝(なんじ)画(かぎ)れり。~
 

孔子の弟子の再求が言いました。「先生のおっしゃる道は、わかりますが、なかなか思うように実践できません」すると、孔子は、「ちゃんとやりきろうとする人間は、途中で倒れるくらいまでやるのだよ。おまえは倒れるほどやってないじゃないか。自分のことを、おまえは今、限定してしまった」つまり、自分のできる範囲はこの程度だと、一見謙遜しているようですが、それは、単に自分を守りに入れて大事にしているだけ……なのです。
 

さて、みなさんは「論語」をお読みになったことがありますか? 著者の齋藤先生は、高校生の夏休みの宿題が「論語」だったとお話されていますが、私は、読むと良いだろうな~と思いつつ、読む手が止る状態が何年も続いていました。
 

今汝(なんじ)画(かぎ)れり→と書かれていても、「画→がき」と私には読むことができません……。しかも、文字も小さかったりします。2500年も昔の中国の文章なのですから、書き下し文でも難しいですし、読み通すにも根性が必要です。
 

論語には、いいことが書いてありそう……でも難しい……とおもう人にお勧めしたい1冊です。「論語」と「図解」というのも、理解する助けになりますよ!
 

さて、冒頭の1文に戻ります。私には「難しい」と思って、本を読まない、というのも自分の限界を自分で決めているということですよね。「私には、学歴がないから」、「もう、年だから」、「もう、時間がないから……」「もう、体が疲れている」「言い訳ってどうして、こう簡単に口をついてでてくるのでしょうか。
 

正しいチャレンジをしなければ、「ずっと無理なんです」
だまされたと思って、やってみると、突破できることがあります。そういう意味で「自分で限界を設定しない」、とにかくやってみることが大事ですね。
 

先生には、次の4つのことが決してなかった。自分の私意で勝手にやる<意>がなく、なんでもあらかじめ決めたとおりにやろうとする<必>がなく、一つのことに固執する<固>がなく、利己的になって我を張る<我>がない。
~子、四を絶つ。意なし。必なし。固なし。我なし。~
 

個人の心持ちが頑なことを、孔子は嫌いました。融通がきかない人はダメ。自分自身の決めつけで、狭い殻の中に閉じこもり、人の意見を耳に入れるタイプは批判の対象になっていたようです。
 

20代ならいざ知らず、40代、50代と年を重ねても、「なるほど」「そうだった」「○○さんの考えの方がいいね」と素直に言える人って素敵ですよね。
 

そして、また自然に「受け止める」からこそ、「間違いを必ずただしてくれる人がいるというのも幸せ」なことです。
 

この本の中に1割ずつ変えていくという文があります。いくら、老舗のお菓子屋さんでも300年以上前から、全く味を変えていなければ、今の私たちには、「美味しい」とは感じられないと思います。「正しいことなど、なに一つない」と思いながら、思考錯誤しながら少しずつ変えていく。この繰り替えしなんでしょうね。
 

そして、そこには物事にひたむきに向き合う「素直さ」が人の成長には一番なんだと思います。
本日もお読みいただきありがとうございました。
 

追伸1:次回の読書会は、4月15日(火)19:00から人形町で行います。気楽に本を一緒に楽しみませんか?

 

200652_111392748942917_7930096_n

内田ひろみ

NLPトレーナー・研修講師

一般社団法人ビジネス速読協会代表理事

人の成長を組織の成長へと直結させるべく、NLPやLABプロファイルと言った 心理学/コミュニケーション手法を取り入れたセミナー・研修を実施。全ての人は、自分自身の中に必要なリソース(資質)を持っています。しかしながら、多くの人はそのリソースに気がつきません。ご自身の能力を高める方法(スキル、テクニック)をお伝えし、自分らしい生き方をする方をサポートしています。最近ではビジネス速読を広め、一人でも多くの方が 読書を通じて豊かな人生を送る1歩を後押ししています。

ブログへのコメント&いいね!もお待ちしております。

関連記事

Toyosu Magazine

豊洲マガジンは豊洲をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!
豊洲マガジンとは?
ハウジングメッセ
東京ガス用地開発株式会社 
がすてなーに
ページ上部へ戻る