師走の夜の都笑亭【豊洲マガジン】

豊洲文化センター都笑亭

豊洲文化センターが笑いに包まれました!

 

豊洲マガジン編集部の加藤です。

12/5(木)は2013年最後の都笑亭にお邪魔してきました。

B1Fのレクホール前のロビーには、開場前からお客さんたちの列ができていました。

すごい人気!!

開場時間になると、皆さん続々と会場の中へ。

あっという間に席が埋まっていきます。

 

豊洲文化センター都笑亭

▲続々と席が埋まっていきます。

 

都笑亭(Twilight-teiとわいらいとてい)は豊洲文化センターを拠点として活動する社会人落語の会です。

日本ユニシスの社員7人が、“豊洲に住む人と豊洲に働く人の交流の場 ”として、手作りの寄席を作りたいという想いから誕生しました。

都笑亭の第一回目は、平成6年5月23日、豊洲文化センター1階の和室に座布団を並べての開催でした。

 

豊洲文化センター都笑亭

▲南亭八つ頭さん

 

今回で都笑亭は93回目の公演となりました。

約2時間、お客さんたちが思い思いに笑います。

あちこちで笑いが止まらない人もいて、その様子がまたおもしろいです。

私も笑いが止まりませんでした。

思いきり笑って、木戸銭は500円!

チケット売上の一部は、あしなが育英会などに寄付しているそうです。

 

P1020692

▲めずらし家芝楽さん

 

めずらし家芝楽さんは、今年9月の「全日本社会人落語選手権・グランドチャンピオン大会」において歴代の優勝者を蹴散らし、見事優勝しました!

なんと、都笑亭からプロ入りした人たちもいるそうです。

 

豊洲文化センター都笑亭

▲黄金家 鉄兵さん

 

お酒を片手に楽しんでいるお客さんも多く見かけました。

笑い声が止まぬまま、約2時間はあっという間に過ぎました。

2013年最後の公演ということで、久寿里菊之助さんの発声で一本締めで終了しました。

 

豊洲文化センター都笑亭

▲一本締め!

 

一番前の席で、お母さんと一緒に楽しそうに観ていた男の子がいました。

小学4年生の亞聖くん。

都笑亭は2回目ということですが、飽きることなく真剣に見入っていました。

ふだんはテレビで大好きなポケモンを見ているそうですが、大きくなったら落語をやってみたいそうです!

「オチがおもしろい!」

と話してくれました。

亞聖くん、また都笑亭で会ったらよろしくね!

 

豊洲都私亭に来ていた亞聖くん

▲将来が楽しみな亞聖くん

 

さて、来年の都笑亭Vol.94は・・・

日時:平成26年2月21日(金) 18:00開場 18:30開演

場所:江東区豊洲文化センター B1F レクホール

アクセス:東京メトロ有楽町線/ゆりかもめ/豊洲駅下車7番出口

特別出演:柳亭市馬

出演:橘ノ百圓、河内家るぱん、久寿里菊之助

木戸銭:前売り\1,000  当日 \1,500

お問い合わせ:江東区豊洲文化センター

電話 03-3536-5061

http://www.kcf.or.jp/

 

12/10(火)前売り開始です!

ティアラこうとう、総合区民センター、江東区内の各文化センター、深川江戸資料館でもお取り扱いいたします。

皆さんのお越しをお待ちしております。

 

ブログへのコメント&いいね!をお待ちしております。

関連記事

Toyosu Magazine

豊洲マガジンは豊洲をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!
豊洲マガジンとは?
ハウジングメッセ
東京ガス用地開発株式会社 
がすてなーに
ページ上部へ戻る