お台場のオリンピックシンボル!場所や期間・点灯時間について【豊洲マガジン】

オリンピックシンボル

突然ですが、五輪の5つの色、全部わかりますか^^?今回はお台場のオリンピックシンボルと、江東区のロゴのご紹介です。

今年1月24日にお台場で披露された五輪マークのモニュメント。夜景に映える話題の写真スポットになっていました!(撮影は2020年1月末のもの)

最近はなかなかお出かけができない日が続きますが、オリンピックシンボルの展示は8月9日まで。しばらく続きますのでご安心ください。

 

お台場のオリンピックシンボルとは?

オリンピックシンボル東京湾海上に設置された大きな五輪のマーク。2020年1月24日にお披露目となりました。横浜から船で運ばれてくる様子は話題になりましたね。

その大きさは、おおよそ幅32.5m、高さ15m。 写真で見ると小さく感じますが、実際モニュメントを目の前にすると大きくて圧倒されます。

五輪の色は青・黄・黒・緑・赤の5色。

オリンピックマーク、いわゆる五輪マークは、単色または五色(左から青・黄・黒・緑・赤)の輪を重ねて連結した形で、ヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカ、アジア、オセアニアの五大陸と、その相互の結合、連帯を意味しているが、どの色も特定の大陸を意味したものではない。 引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』オリンピックシンボル

他にも、5つの自然現象を象徴している…など、諸説あるそうですよ♪

場所

アクセスはゆりかもめ台場駅を降りてすぐ。ヒルトンお台場周辺からは、真正面に鑑賞することが可能です。※お台場海浜公園は競技会場準備のため工事中。立ち入ることができませんのでご注意ください。※詳細は海上公園なび

他の鑑賞方法として、ゆりかもめの車内から、東京湾を行き来する水上バスの船内から。いろんな角度から楽しんでください^^

期間

2020年1月24日~8月9日まで

オリンピック期間が終了すると、今度はパラリンピックシンボルに取り換えられる予定です。

ライトアップ時間

オリンピックシンボル

1月25日 ~ 4月30日 18時15分~24時00分 
5月 1日 ~ 7月16日 19時00分~24時00分 
7月17日 ~ 8月 9日 19時00分~翌5時00分(予定)
参照:東京都HP

写真では真っ白に見えますが、実際はうっすらと五輪カラーに輝きます。レインボーブリッジや屋形船とのコラボレーションはとっても美しいです^^

おまけ:江東区のシンボルロゴ

江東区ロゴ豊洲を歩いていても目にすることの多いこのロゴ。江東区から、誰でも使えるロゴとして配布されているんです♪

SPORTS & SUPPORTS KOTO City in TOKYO スポーツと人情が熱いまち 江東区 ハートの形は、スポーツの感動や鼓動と、江東区民の温かい人情(心)を同時に表現しています。また、文字の形は、江東区のまちなみを構成する河川・道路・建物等をイメージし、各文字の色には以下の意味を込めています。 

引用:江東区HP

オリンピック・パラリンピックに向けて様々なイベントがありわくわくしますね!江東区が盛り上がること間違いなしです^^

WRITTEN BY

よよぎかなこ

東京生まれ代々木育ちのライター

毎週木曜日に江東区の街情報やグルメ情報を
女性目線でお届けいたします。


豊洲マガジンとは?

豊洲マガジンは豊洲周辺をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲周辺地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲周辺に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!

豊洲マガジンでは地域の情報を募集しております!豊洲の耳寄りな情報がございましたらこちらへお知らせください♪

スマートハウジング 豊洲まちなみ公園
東京都江東区豊洲6-1-9
【お車でお越しの方】 首都高10号晴海線「豊洲」出口よりすぐ 首都高1号羽田線「銀座」出口より10分 無料駐車場 約100台
【電車でお越しの方】 東京メトロ有楽町線「豊洲駅」7番出口徒歩約8分 新交通ゆりかもめ「新豊洲駅」北口徒歩約3分

豊洲マガジンは「東京オリンピック・パラリンピック」を応援しています♪ 

関連記事

豊洲まちなみ公園情報

Toyosu Magazine

豊洲マガジンは豊洲周辺をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲周辺地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲周辺に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!
豊洲マガジンとは?

PR

江戸前場下町logo 
ハウジングメッセ
東京ガス用地開発株式会社 
がすてなーに
SPORT X ART
豊洲商友会
ららぽーと豊洲
kindery
 TOKYO FM
たまひよ写真館
ページ上部へ戻る