LINE Clova×NOID IoT体験モデルルーム現地レポート【豊洲まちなみ公園】

LINE Clova×NOID IoT体験モデルルーム現地レポート

おはようございます。
とよす じろうです。
LINE社よりLINE Clovaの新機能『 Clova Bot』が1月30日に豊洲まちなみ公園内にて発表されました。記者会見には、多数のメディアが参加して熱気にあふれかえりました。この『Clova Bot』を体験できるモデルルームが豊洲まちなみ公園内で期間限定でオープンしています。今回は、この体験モデルルームをレポートします。
1月30日の記者発表の後、メディア関係者に体験モデルルームがお披露目されました。
体験ルームは豊洲まちなみ公園「東京ガス T’s OASIS Cafe」内で2月1日から2月9日までの期間限定でOPEN。ルーム内は「スマートスイッチ体験コーナー」「家電操作体験コーナー」「Clova Desk体験コーナー」の3つのゾーンに分けられ、それぞれの特徴が体験できます。
まず、入り口を入ると「スマートスイッチ体験コーナー」があります。まずは、一声で一斉にライトがON/OFFできる気持ち良さが体験できます。「ねぇクローバ間接照明を点けて」や「ねぇクローバ部屋の電気を全部消して」などの音声を端末のディスプレイに問いかけると、電気が点いたり消えたりします。そして、二つ目は、「家電操作体験コーナー」。ここには、LINE ClovaのAIスピーカーClova Friends mini SALLY が設置されていて、一声で、一斉に家電が動く便利さが体験できます。

最後の「Clova Desk体験コーナー」は、メッセージや天気、ニュースの確認、音楽などへ声で簡単にアクセスすることが体験できます。LINE Clovaのスマートミラーは、ミラーの鏡面に話かけるだけでニュースや天気をチェックすることができます。

声を出すのが気が引ける方や恥ずかしい方には、LINEアプリのトークルームからのタッチ操作やテキスト入力でも家電の操作が可能です。

今回の『LINE ClovaIoT体験モデルルーム』は、LINE社とVUI(音声ユーザーインターフェース)向けサービス「NOID」を提供するアイリッジ社との共催イベント。アイリッジはIoT家電対応が簡単に行える企業向けIoT家電開発プラットフォーム「NOID IoTクラウド」と、ご家庭のIoT住宅導入をまるっとプロデュースする消費者向けサービス「NOID IoTスマートホームパッケージ」を同時に発表し、今後の家電市場でのIoT化の普及に努めるそうです。現在、LINE Clovaが対応する家電は80,000点にも上るそうです。

LINE Clova IoT体験モデルルーム
開催期間:2020年2月1日(土)~2月9日(日)全日10時半~16時半
※期間中の平日も開催しています。

先着200名様にブラウンやサリーのウェットティッシュをプレゼント。
LINE Clova体験イベントを実施中
※案内カウンターで「クローバ展示特典」とお声がけください。
会場  :スマートハウジング豊洲まちなみ公園 センタースクウェア
     東京メトロ有楽町線「豊洲駅」7番出口 徒歩約8分
     新交通ゆりかもめ「新豊洲駅」北口 徒歩約3分
住所  : 〒135-0061 東京都江東区豊洲6-1-9


スマートハウジング豊洲まちなみ公園情報!!


 LINE公式アカウント情報 


※画像をクリックするとスマートフォンはLINE公式アカウントへ移動します。
※パソコンはQRコードが表示されます。

関連記事

豊洲まちなみ公園情報

Toyosu Magazine

豊洲マガジンは豊洲周辺をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲周辺地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲周辺に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!
豊洲マガジンとは?
ハウジングメッセ
東京ガス用地開発株式会社 
がすてなーに
SPORT X ART
豊洲商友会
ららぽーと豊洲
kindery
 TOKYO FM
たまひよ写真館
ページ上部へ戻る