木場公園『都市緑化植物園』秋の花めぐり

こんにちは!
とよす じろう です。

本日は、木場公園内にある『都市緑化植物園』の秋の花めぐりをお届けいたします。この『都市緑化植物園』は、無料で入場でき、園内は、ガーデニング広場、庭をつくろう広場(洋風・和風)、帰化植物見本園などのコーナーに分かれ、ボランティア「木場公園友の会」によって美しく維持・管理されています。友の会はこの活動で平成17年度の「みどりの愛護」国土交通大臣表彰を受賞されたそうです。

木場公園

都市緑化植物園

今現在、見頃を迎えている花を巡ってみましょう!

ヌマツルギク

秋といえば、菊。こちらは、ヌマツルギクです。

ヌマツルギク(沼蔓菊、学名:Spilanthes americana)は、北米原産で、キク科の一年草(二年草)の帰化植物です。畑や田圃の畦道に見られる野草で、茎は赤茶色をしています。葉は濃緑色で対生してつきます。細い茎先から、秋~初冬に、一輪の小花を咲かせます。花は中央部が盛り上がった橙色の筒状花と、周辺の黄色い舌状花から構成されます。

イソギク

そして、もう一つの菊。イソギク。まだ、蕾ですがこれから一斉に花開く瞬間を迎えています。

イソギクは、キク科キク属の植物で、磯の菊ということからイソギクの名がつけられました。 多年草で地下茎を出して株立ちになり、葉は楕円形から倒楕円形で、大きく丸い鋸歯が入ります。葉は厚く、表は緑色ですが、裏側は白い毛が密生します。花期は10 – 11月頃、多数の頭花を散房状につけ、花は筒状花のみで舌状花はありません。

メキシカンブッシュ

こちらの紫の花はメキシカンブッシュです。別名をアメリカンセージとも呼びます。

メキシカンブッシュは、シソ科サルビア属の花です。短日植物で、日差しが短くなると花を開きます。茎先に10~30センチくらいの穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を斜めに出し、唇形の花をつけます。萼は紅紫色で、ビロード状の軟毛に覆われています。花の色は白いものと紫色のものがあります。

センニチコウ

そして、センニチコウ。赤紫の苞が見事です。

センニチコウはヒユ科センニチコウ属の花です。センニチコウの仲間は、花そのものではなく紫やピンク、白、黄、赤に色づく苞を観賞します。暑さと乾燥に強く、日本の夏に適した性質で、長期間咲き続けます。

バラ園

バラは、春と秋2回花を咲かせます。園内のバラも見事でした。

枯山水

園内には、枯山水の庭園もあります。奥に赤く染まった紅葉が庭園に彩を添えています。

トピアリー

熊を形どった、トピアリー。今はまだ骨組みが見えていますが、この先、緑に覆われた姿が楽しみです。

都市緑化植物園
【利用時間】9:00~16:30
【休館日】無休
木場公園園内MAPはこちら


 スマートハウジング豊洲まちなみ公園情報!!


 各モデルハウスの見学予約受付中! 

モデルハウスの見学は こちら からご予約下さい!
お問い合わせ等ございましたらお気軽にご連絡ください。
たくさんのご予約をお待ちしております。


「住まいの性能図鑑」~丈夫で長持ちする住まい~ パネル展

現在、センタースクウェアでは、省エネ住宅をはじめとした最先端技術や、家族が長く豊かに暮らせる丈夫で長持ちする住まいの性能について、楽しい等身大Book型パネル展を行っております。ご希望のお客様には、小冊子「住まいの性能図鑑~丈夫で長持ちする住まい~」をプレゼントしております。
※観覧無料


豊洲まちなみ公園スタッフ募集 

豊洲まちなみ公園では一緒に働くスタッフを募集中です。
たくさんのご応募をお待ちしております。
スタッフ募集 問い合わせ先:03-3379-7171
担当者:菅原

スマートハウジング 豊洲まちなみ公園
東京都江東区豊洲6-1-9
TEL:03-5534-8551


※センタースクウェアは、豊洲まちなみ公園の中にあります。

アクセスマップ


 ★豊洲マガジンよりお知らせ★ 
豊洲マガジン掲載情報募集中!

豊洲マガジンでは、地域の有益な情報を募集しております!
豊洲の耳寄りな情報がございましたらお知らせください♪
豊洲マガジンに掲載されちゃうかも?!

豊洲マガジンは「東京オリンピック・パラリンピック」を応援しています♪ 

スポンサーリンク


 

関連記事

Toyosu Magazine

豊洲マガジンは豊洲周辺をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲周辺地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲周辺に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!
豊洲マガジンとは?
ハウジングメッセ
東京ガス用地開発株式会社 
がすてなーに
SPORT X ART
豊洲商友会
ららぽーと豊洲
kindery
 TOKYO FM
たまひよ写真館
ページ上部へ戻る