災害時のモデルハウスの取り組みとは?【豊洲マガジン】

豊洲まちなみ公園では災害時にモデルハウスを提供します。

災害時、豊洲まちなみ公園では・・・

 

豊洲マガジン編集部の加藤です。

9月1日は防災の日です。

台風、津波、地震などの災害についての認識を深め、それらに対処する心がまえを準備する日ですね。

 

災害の発生を未然に防止するためには?

被害を最小限に止めるにはどうすればよいか?

災害について、ご家族で、職場で、地域で、一人ひとりが真剣に考える時間を持てる良い機会です。

 

実はまちなみ公園では、モデルハウスを災害発生時の避難先として提供する準備が整っています。

敷地面積は都内最大級の約6100坪、駐車場も190台分のスペースがあります。

 

豊洲まちなみ公園ではモデルハウスを災害時に提供します。

▲広い敷地内には現在15棟のモデルハウスが完成しています。

 

まちなみ公園には災害自動販売機があります!

廃熱利用で省エネルギーを実現し環境面にも配慮しています。

災害時に清涼飲料を無償で提供するこの災害自動販売機はライフラインとしての役割を果たしています。

 

豊洲まちなみ公園の自販機は災害時に対応しています。

▲まちなみ公園の自販機は災害時に対応しています。

 

LED照明を採用しています!

従来の蛍光灯に比べて電力消費を最大約70%削減できる“LED照明”を搭載しています。

 

ヒートポンプ式自動販売機です!

冷却で発生した熱を外に放出せず、効率よく加温商品を温める為に利用する省エネタイプ。

ヒートポンプ機能に加えて真空断熱材を多用することで、保冷・保温効果を高めています。

 

豊洲まちなみ公園の災害時対応自販機

▲自宅の近くにも災害時対応自販機を見つけておくと安心ですね。

 

 

まちなみ公園NEWS

15棟目のモデルハウスがオープン!

豊洲まちなみ公園に、15棟目のモデルハウス、ヤマダエスバイエルがオープンしました

▲スタイリッシュなデザインの2世帯住宅です。

 

まちなみ公園は今年4月にオープンして以来、14棟のモデルハウスをご案内してまいりましたが、ついに15棟目のヤマダエスバイエルのモデルハウスがオープンしました。

世代を超えて住み継げる2世帯3階建て住宅です。

ぜひご覧ください。

 

今後の記事作りの参考にさせていただきますので、ご意見・ご感想をご自由にコメントしてください。いいね!もよろしくお願いします!

関連記事

Toyosu Magazine

豊洲マガジンは豊洲をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!
豊洲マガジンとは?
ハウジングメッセ
東京ガス用地開発株式会社 
がすてなーに
ページ上部へ戻る