豊洲のコミュニティはすごい!【豊洲マガジン】

豊洲夏休み親子花火大会

豊洲にはこんな素晴らしいコミュニティがあります。

 

豊洲マガジン編集部の加藤です。

豊洲地域は児童・生徒数の増加が著しい中、公園などにおいて花火が禁止されています。

近隣のスーパーや店舗において花火の販売はしているものの、この地区では花火遊びを許可されたスペースがないのが現状です。

 

そこで1日限定で花火遊びができる用地を確保しようと青少年対策豊洲地区委員会が動きました。

ここは企業が保有する敷地なので普段は自由に使うことはできませんが、役員の方が企画書を持って直接本社にお願いに上がり、この敷地を一日限定で使うことができるようになりました。

 

8月24日(土)17:00〜20:00親子花火大会を開催することに決定!

 

豊洲夏休み親子花火大会

▲手際よく会場設営を始めます。

 

当日は17:00の開始時間に合わせて、役員の方は16:00に会場に集合です。

まず、青少年対策豊洲地区委員会育成部長の西垣さんが15:00に会場に入り、準備を始めました。

15:30を過ぎると少しずつ役員の方が集まってきました。

 

15:40を過ぎ、消防署の方も駆けつけました。

 

豊洲夏休み親子花火大会

▲消防署の方にもご協力をお願いしました。

 

16:30、会場設営が終わり皆さんで進行の確認や注意事項の共有をします。

 

豊洲夏休み親子花火大会

▲消防署の方も一緒に細かい打ち合せをします。

 

16:45頃から大粒の雨がぽつぽつと降り始めてきました。

このまま降るのかな? と皆さん心配そう・・・

 

豊洲夏休み親子花火大会

▲辺りが暗くなってきました。

 

そして、16:50頃から本格的に降り始めました。

17:00開始に向けて、役員の皆さんは濡れながらただ雨の中で待つだけです。

 

豊洲夏休み親子花火大会

▲車で雨宿りする役員の方たち。

 

役員の皆さんの想いが届いたかのように、17:03には完全に雨が止みました!

なんと、開始前に区長さんも駆けつけてくださいました!

 

豊洲子ども花火大会

▲区長さんも一緒に記念撮影です。

 

雨が上がると、親子で花火を持って参加する人の姿が・・・

当日、まちなみ公園では花火セットをプレゼントしていたので、それを持って参加する親子の姿もありました。

 

豊洲まちなみ公園で花火をもらってきた親子

▲「まちなみ公園で花火をもらってきました!」

 

豊洲子ども花火大会

▲親子で花火を楽しみます。

 

豊洲こども花火大会

▲小学生も楽しく参加しています。

 

子どもたちの夏休みの思い出づくりとなるように、地域の大人たちが協力してこの花火大会を実現させました。

他にも毎年夏祭りをやったり、来月にはまた子どもたちが楽しめるお祭りを開催する予定です。

 

新築マンションが続々と建設中ですが、新しく移り住んで来る方と以前から長く住んでいる方たちとのつながりを大切にして行きたい、と役員の方はおっしゃっていました。

小中学校のPTAと地域の方たちの強い連携を見て、豊洲地域には素晴らしいコミュニティがあることを知りました。

今後もコミュニティの連携の様子をお伝えしていきたいと思います。

 

今後の記事作りの参考にさせていただきますので、ご意見・ご感想をご自由にコメントしてください。いいね!もよろしくお願いします!

 

関連記事

Toyosu Magazine

豊洲マガジンは豊洲をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!
豊洲マガジンとは?
ハウジングメッセ
東京ガス用地開発株式会社 
がすてなーに
ページ上部へ戻る