3月3日!ひな祭りの由来は?おひなさまの位置は?なぜ桃の花?【豊洲マガジン】

祭り 豊洲マガジン2_n

三月三日はひな祭り♪ 毎年飾るおひなさまですが、そもそもどうしてお雛様を飾るのか?おだいりさまの配置はどっち? 今では桃の節句という美しい名でも親しまれていますがどうしてそうなったのか?

お子さまも一緒に、ひな祭りをたのしみながらをお話ししてみてくださいね♪

 

ひな祭りの由来

 

ひな祭りに雛人形を飾るのは、そもそも昔の人形(ひとがた)や形代(かたしろ)など自分の災厄を移して海や川に流した流し雛の風習の通り、おひなさまに女の子の穢れを移して厄災を身代わりに引き受けてもらうため♪ それと平安時代に始まるお人形遊び(ひいな遊び)とが、長い間に結びついて、現在の「ひな祭り」となりました♪

 

ひな人形には、生まれた子どもがすこやかで優しい女性に育つようにとの親の願いが込められています。
ひな人形をその子の形代と考えて、どうぞ災いがふりかかりませんように、また、美しく成長してよい結婚に恵まれ、人生の幸福を得られますようにという、あたたかい思いを込めて飾ります

 

おだいりさま(男雛)は右?左?

 

内裏雛(だいりびな)」とは雛人形の「男雛」と「女雛」の一対を指します。飾るときに悩むのが、飾る場所!? おだいりさま(男雛)は右?左?
毎年迷うのですが、どちらでも間違いではないようです。

 

その昔は、おだいりさま(男雛)は右に座っていたようです。西洋化などの時代の流れもあり、現代では向かって左に飾ることが多いようですが、場所によっては昔のままというところもあります。
場所はあまり気にせず、幸福を得られますように♪と、あたたかい思いを込めて飾りましょう♪ きれいなおひなさまを見てうっとりできれば良いですね♪

 

おひなさまを飾るのは、厄払いの意味があるので一夜飾り(3月2日から1日だけ飾ること)は避けるべきとされ、遅くとも2月の中旬くらいまでには飾らないといけないと言われています。
昔は、3月3日が終わったら、早く片づけないと「嫁に行き遅れる」・・・なんて言われていましたが、本当かどうかは定かではありません・・・。

私の場合は・・・内緒です♪(笑)

 

なぜ桃の花を飾るの?

 

その昔、中国では旧暦の3月3日はちょうど桃の花が咲くころだったことから、ひな祭りに桃の花が飾られるようになりました。
桃の花には元々「魔除け」や「長寿」のパワーがあるとされていたため、桃の花を漬けたお酒を飲んだり、桃の葉が入ったお風呂に入って邪気祓いをしていました。ひな祭りを別に「桃の節句」と呼ぶのも、こうした背景があるからです。

 

桃の花は、とってもかわいいですよね♪ おひなさまと一緒に飾ると、おひなさまがより華やかになります♪ アクセントに菜の花をちょっと足すと、ピンクが映えて、より鮮やかに見えますよ♪
余ったお花を食卓に飾って、ハマグリのお吸い物やちらし寿司、最近はデコレーションケーキなどを用意してお祝いするお宅が多いようです!

女の子のお節句ですが、男の子も一緒に今日は楽しんでくださいね♪

 

豊洲 ひなまつり ケーキ♪

 
パティスリースマイユ
富澤商店 ららぽーと豊洲
パティスリーSAKURA

 

 

東京オリンピック・パラリンピックを勝手に応援しています♪

ライター 都丸美由紀

…………………………………………………………………………………………

スポンサーリンク



 

 

関連記事

Toyosu Magazine

豊洲マガジンは豊洲をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!
豊洲マガジンとは?
ハウジングメッセ
東京ガス用地開発株式会社 
がすてなーに
ページ上部へ戻る