新春!深川 七福神巡り!下町情緒にふれながらウォーキング♪ 東京 江東区【豊洲マガジン】

七福神めぐりウォーキング 豊洲マガジン

 

七福神巡りは、昔から人々に親しまれてきました。全国には、多くの七福神がありますが、中でも深川七福神は、東京の七福神として有名です♪ 東京都江東区 森下、清澄白河、門前仲町周辺には、史跡や旧跡が多く、下町情緒にふれながら巡ることができるので、楽しみながらウオーキングするのにぴったりです♪

 

下町情緒にふれながら、深川 七福神巡りウォーキング!

 

東京都江東区 森下、清澄白河、門前仲町周辺をめぐる、深川 七福神めぐりは、下町を南北に歩くコースで、全長は3.6kmと気軽にめぐることができます♪

 

恵比寿様がまつられている富岡八幡宮だけはかなり混むので、順番を最後にするか、時間をずらすなどして、混まない時間を選んで行くのもひとつの方法ですね♪

 

お正月に食べすぎた分は、史跡や旧跡にふれながら、七福神巡りウォーキングで解消しちゃいましょう!

 

御朱印をいただけるのは1月1日~1月15日までです!
正月のご開帳の際には、色紙、笹、鈴(七種類)の授与(有料)がありますよ♪

 

深川 七福神巡りウォーキング順路(参考)

 

森下駅(都営新宿線、大江戸線)
(3分)↓↑
深川神明宮 【寿老神】
(10分)↓↑
深川稲荷神社 【布袋尊】
(15分)↓↑
龍光院 【毘沙門天】
(10分)↓↑
円珠院 【大黒天】
(10分)↓↑
心行寺 【福禄寿】
(5分)↓↑
冬木弁天堂 【弁財天】
(5分)↓↑
富岡八幡宮 【恵比須神】
(4分)↓↑
門前仲町駅(都営大江戸線、東京メトロ東西線)

 

 

七福神 まめ知識

 

七福神の並び順てあるの?

一般的には、
「恵比寿、大国天、弁財天、毘沙門天、布袋尊、福禄寿、寿老人」とされていますが、これが決まりではないようです。
各々の御利益を知って、願い事順に並べるのが良いとされています。

 

七福神の由来は?どんな御利益があるの?

 

恵比寿天(えびすてん)=大漁守護の神
商売繁盛・除災招福・五穀豊穣・大魚守護
恵比寿天が持っている「釣竿」は「釣りして網せず」つまり、暴利をむさぼらない清い心を表しています。

 

大黒天(だいこくてん)=商売繁盛の神
五穀豊穣・子孫愛育・出世開運・商売繁盛
打ち出の小槌の「槌」は「土」、すなわち米をはじめとした、様々なものを生み出す「大地」を意味するのだと言われています。
頭につけた頭巾は「上を見ない」という謙虚さ。
2つの米俵は「二表で満足をする」という、
欲を張らない清廉な心を示しています。

 

弁財天(べんざいてん)=芸能・学問の神
恋愛成就・学徳成就・諸芸上達・福徳施与
芸能・学問の神ということは、
これらの運が上昇し、金運もアップするということで
金運アップにもご利益があると言われています。

 

毘沙門天(びしゃもんてん)=勝負事・夫婦和合の神
武道成就、降魔厄除、家内安全
七福神の中で唯一武将の姿をしています。
中国では無敵の闘神で四天王のうちの1つとされました。

 

布袋尊(ほていそん)=開運・良縁・子宝・商売繁盛の神
千客万来、家運隆盛、家庭円満
悠悠自適に「泣いて暮らすも一生。笑って暮らすも一生。同じ暮らすなら笑って暮らせ」といった、楽天的な布袋和尚の生き方が、当時の禅僧をはじめとした人々に「至福」の象徴として受け入れられたと考えられます。

 

寿老人(じゅろうじん)=長寿・福徳智慧の神
仙人の姿で1500才の超長寿で、背は低く長いひげ、長寿を象徴する従者の玄鹿(牡鹿)を伴い、巻物をくくりつけた杖を持ち、うちわで難をはらう幸福長寿、家庭円満、延命長寿の神様です。

 

福禄寿(ふくろくじゅ)=福徳・人徳・長寿の神様
財運招福・延命長寿・立身出世・招徳人望
一羽の白鶴を伴う、千歳を超える仙人。
福禄寿は、道教で理想とされる、「福=幸福」と「禄=身分」と「寿=寿命」(幸運と子孫に恵まれること・金銭に恵まれること・長生きすること)のことだ、といわれています。

 

深川 七福神 地図は、こちら!

 

深川七福神
恵比寿 「富岡八幡宮」 東京都江東区富岡1-20-3 03-3642-1315
大黒天 「円珠院」 東京都江東区平野1-13-6 03-3641-0491
毘沙門天 「龍光院」 東京都江東区三好2-7-5 03-3642-3437
弁財天 「冬木弁天堂」 東京都江東区冬木22-31 03-3641-9051
布袋尊 「深川稲荷神社」 東京都江東区清澄2-12-12 03-3641-8059
寿老神 「深川神明宮」 東京都江東区森下1-3-17 03-3631-5548
福禄寿 「心行寺」 東京都江東区深川2-16-7 03-3641-2566

 

 

 

東京オリンピック・パラリンピックを勝手に応援しています♪

ライター 都丸美由紀

…………………………………………………………………………………………

スポンサーリンク



関連記事

Toyosu Magazine

豊洲マガジンは豊洲をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!
豊洲マガジンとは?
ハウジングメッセ
東京ガス用地開発株式会社 
がすてなーに
ページ上部へ戻る