豊洲でカフェランチ おすすめイタリアン Piatto ピアット♪子どもから年配の方まで笑顔に【豊洲マガジン】

Piatto 1 ピアット 豊洲グルメ 豊洲マガジン 
豊洲でカフェランチしました♪ Piatto(ピアット)は、カジュアルなイタリアンが楽しめる、おすすめのお店です。ランチタイムは、子どもからご年配の方まで幅広い年齢層。みんなが思わず笑顔になれるお店です♪

 

豊洲でランチ 本日のおすすめはイタリアン♪ Italian Caffe & Bar Piatto(ピアット)

豊洲駅より徒歩3分。晴海通り沿いにあるカジュアルイタリアンのお店「Italian Caffe & Bar Piatto(ピアット)」
Piatto 9 ピアット 豊洲グルメ 豊洲マガジン 

▲晴海通り沿いからだと、こんな感じ♪
地下鉄有楽町線豊洲駅 6番出口から出て、東雲方面に向かって真っすぐ♪ 徒歩3分なので、駅からも近いですね。

 

豊洲カフェランチタイム♪ リーズナブルな おすすめイタリアン♪

中に入ると、居心地の良いカフェ ♪
今日は、ランチメニューの中から「日替わりパスタ」に決定!(リゾットもあります。)

ランチタイムは11:30~14:30まで。

Piatto 3 ピアット 豊洲グルメ 豊洲マガジン 

小エビのジェノベーゼクリームソース♪ 840円

③セット +550円

彩サラダ・本日のスープ・デザート・ドリンク

Piatto 7 ピアット 豊洲グルメ 豊洲マガジン 

▲タロイモのスープおいしぃ~♪ これおすすめです。

 

Piatto 5 ピアット 豊洲グルメ 豊洲マガジン 
▲盛り付けも綺麗な、彩サラダを見ただけで満足♪ バーニャカウダソースも添えてある!

 

Piatto 6 ピアット 豊洲グルメ 豊洲マガジン 

▲小エビはぷりぷり♪ ジェノベーゼクリームソースもたまらないおいしさ♪

 

Piatto 8 ピアット 豊洲グルメ 豊洲マガジン 

▲デザートはティラミス♪ 色鮮やかな紅茶がよく合います♪

 

ランチタイムは、なんと パスタ・リゾット大盛無料!! スゴい♪

一緒に行った友人は、「リゾット大盛にしよう!」っと意気込んでいたのに、注文を取りに来てくれた時、大盛にしていなかったから、「大盛にしなかったの?」っと聞いたら、「店員さんがイケメンだったので、大盛と言えなかった」とか。・・・たしかにイケメン店員さんでした♡

 

豊洲でランチ♪ 子どもから大人まで楽しめる居心地の良い場所

最初は空いていたのですが、すぐに満席状態♪ 子ども連れのママが多いのは、利用しやすいからでしょうね。パスタというと、若い人だけかと思ってましたが、アラカルトなども別に注文できるので、ご年配の方もいらっしゃいました。豊洲で子どもから大人まで楽しめる、居心地の良い場所です♪ ぜひ、イケメン店員さんにも会いに行ってくださいね。

 

豊洲イタリアン Piattoこだわり おすすめメニュー

2種類の味が楽しめるチーズフォンデュ

厳選したチーズと北海道産純正生クリーム100%を使い口どけも滑らかな味わいに♪
2層に分かれた鍋で2つのソースがご堪能頂けます。

自家製燻製

燻製料理」と聞くと「ひからびた」「固い」というイメージ を持たれる方が多いと思いますが、こちらの自家製燻製料理は一味違います。桜の木の香りを付けた、非常に瑞々しいタイプの自家製燻製は 素材に合わせて、冷燻・温燻と調理方法に一工夫してあります。お酒のお供に、お食事のサイドディッシュにもどうぞ♪

 

ITALIAN Caffe&Bar Piatto
イタリアンカフェアンドバー ピアット

住所 : 東京都江東区豊洲5-6-36SIA 豊洲プライムスクエア1階
TEL : 03-5547-5690
営業時間 平日・土 11:30~23:00(LO.22:15)
日・祝 11:30~22:00(LO.21:15)
定休日 不定休
交通 地下鉄有楽町線豊洲駅 6番出口 徒歩3分
サービス料 ディナータイム(17:00~)5%頂戴致します
アクセスマップ

 

週末は、豊洲まちなみ公園にも足を運んでみてくださいね♪

 

ライター 都丸美由紀

………………………………………………………………

スポンサーリンク



関連記事

Toyosu Magazine

豊洲マガジンは豊洲周辺をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲周辺地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲周辺に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!
豊洲マガジンとは?
ハウジングメッセ
東京ガス用地開発株式会社 
がすてなーに
SPORT X ART
豊洲商友会
ららぽーと豊洲
kindery
 TOKYO FM
たまひよ写真館
ページ上部へ戻る