インテリアアートの飾り方!整理収納のコツ【豊洲マガジン】

インテリアアート

『インテリアアートで、模様替えやお部屋の雰囲気を簡単に変えることができます』
 

こんにちは。インテリアコーディネーターの小島真子です。
 

本日は、写真立てやポスター、絵画などのインテリアアートの飾り方のポイントをご紹介したいと思います。

◆どこに飾りたいか
まず、どこに飾りたいのか場所の確認をします

飾るとしたら・・・・こんなところがお勧め!
・ソファ後ろが壁面の場合は、ソファ後ろに。
・キャビネットなど家具の上など。
・ダイニングテーブル付近に。
・トイレ、玄関、廊下等のポイントに。
・寝室のポイントとして。

◆何を飾りたいか

お部屋のスタイルにあうもの。テーマやカラーコーディネートを考えて作品選びをします。他、ポスターやファブリックパネル等の種類も含めて考慮します。

◆どのように飾りたいか
・どのように配置するか?シンメトリーに配置
・どんなサイズにするか?縦長?横長?

絵を壁面に飾る場合、絵の中心が視線の高さ(床から約150 cm)を目安に。
最近は低めに飾るのも主流みたいですね。ソファの後ろなどに大きなものを一枚の場合は、ソファの大きさの半分以上から3分の2位を目安に。
複数飾る場合は、飾る絵のフレームを揃えたり、同じシリーズにしたりと統一性をもたせるようにしましょう。

 

お部屋でアートをコーディネートのインテリアアイテムとして追加するときは、色にポイントを置いて、コーディネートするとまとまりやすいですよ。

色の効用を考慮して、季節を表すインテリアカラーを用いたインテリアアートの模様替えをすると、簡単に季節感を感じる事も出来ます。もちろん写真など、風景画など季節物をイメージしているものに取り換えるともっと簡単にイメージを作ることが出来ます。
 

空間全体のものを定期的に変更するのは難しいと思いますので、どこか1箇所、季節のコーナーみたいな部分を作ってあげると変化をつけやすいですね♪
お部屋に変化をつけたいなと思ったら、参考にしてみてください!
 

………………………………………………………………
1044543_468868936539162_1862693614_n

小島真子
ラフ・スタイル代表/インテリアコーディネーター

フリーのインテリアコーディネーターとして活動。各種メディアへの掲載実績あり。法人・個人のインテリアコーディネート業をはじめ、セミナー講師、執筆活動、コンサルティング他、企画やメディア協力等でも幅広く活動中。

http://www.laugh-style.jp/
………………………………………………………………

スポンサーリンク



関連記事

Toyosu Magazine

豊洲マガジンは豊洲をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!
豊洲マガジンとは?
ハウジングメッセ
東京ガス用地開発株式会社 
がすてなーに
ページ上部へ戻る