暑い夏を、涼しく、楽しく過ごすインテリアのコツ

430f1ab9df30880a88dce7fc39290f17_s
 

夏の暑さ対策はできていますか?

 
こんにちは。インテリアコーディネーターの小島真子です。
 
梅雨が明けると夏本番ですね。
我が家のリビングも、南側の掃出し窓が大きいために、夏はここからジリジリとした太陽の熱量がたくさん入ってきます。窓を閉めっきりにして、エアコンをかけっぱなしにすれば室内で涼しく過ごしやすくなりますが、体調を悪くしてしまう恐れもあります。実際に私も過去、夏に体調管理ができなくなった時期がありました。今はすっかり健康体ですが、その時に夏の暑さ対策の重要性が身にしみました。皆様にも、体にも、自然にも、お財布にもやさしい夏の暑さ対策をおすすめします。
 

夏を涼しく過ごすポイント

 
ポイント1
インテリアカラーで涼を感じる
色の効用を利用すると、寒色系のお部屋では、マイナス2度から3度の体感温度となります。したがって、寒色系(青を中心とした)の色を用いたお部屋づくりをします。
カーテン、ベッドリネン、ラグ、クッションカバー、スリッパ、ファブリックパネルなどのインテリア小物を中心に、模様替えをしてみましょう。
 
ポイント2
インテリアグッズを利用する
ついつい室内のみや、室外のみで終わりがちの暑さ対策。せっかくなら両面で対策をおこないたいものです。
すだれは、古来から伝わる夏の暑さを防ぐ優れたアイテムです。実は遮熱は窓の内側より外側での効果の方が高いといわれています。自然素材の物、合成樹脂のもの、洋風なスタイル、様々なカラーがあるので、外観に合わせても素敵ですね。
 
そのほか、ガラスフィルムを利用するのもおすすめです。ガラスフィルムには、熱遮蔽によるエアコンの省エネ効果や、紫外線カットによる家具などの色低減効果が期待できます。豊富な種類のデザインフィルムも空間コーディネートの幅を広げ、インテリアの一部となりますよ。
 
みなさんもインテリアを工夫して、夏を快適に過ごしてくださいね。
 
………………………………………………………………
1044543_468868936539162_1862693614_n

小島真子
ラフ・スタイル代表/インテリアコーディネーター

フリーのインテリアコーディネーターとして活動。各種メディアへの掲載実績あり。法人・個人のインテリアコーディネート業をはじめ、セミナー講師、執筆活動、コンサルティング他、企画やメディア協力等でも幅広く活動中。

http://www.laugh-style.jp/
………………………………………………………………

スポンサーリンク



関連記事

Toyosu Magazine

豊洲マガジンは豊洲をもっと楽しむためのライフスタイルマガジンとして「豊洲まちなみ公園」が提供する豊洲地区のニュースサイトです。住民の方はもちろん、豊洲に遊びに来られる方にも役立つ情報をお届けします!
豊洲マガジンとは?
ハウジングメッセ
東京ガス用地開発株式会社 
がすてなーに
ページ上部へ戻る